お知らせ

1月26日、野球教室を実施しました

令和2年1月26日、西諸地区の少年野球チームに所属する小学生を対象に野球教室を実施しました。3チーム38名の選手と監督・保護者の方々にご参加いただき、自分の体を知る目的でメディカルチェック、投球障害について理解を深める目的で講演を行いました。野球教室を通して少しでもコンディショニングなどの重要性を理解し、怪我なく野球を楽しんでもらいたいと当院は思っております。

整形外科押領司病院は、頑張るアスリートを心から応援しています。

文責:理学療法士 福元大地

2月28日より毎月第2、4金曜日午後、脊椎専門医の外来診察を始めます。

2月28日(金)より毎月第2、4金曜日午後、脊椎専門医の有水 淳 先生の外来診察を始めます。

令和元年度手術件数一覧

年度毎の手術実績一覧をご覧頂けます。掲載している集計期間は、平成31年1月1日〜令和元年12月31日迄(最新版)です。PDFファイルにリンクしてございますので見づらい際は併せてご覧下さい。

(さらに…)

第25回宮崎県理学療法学会にて口述発表を行いました

令和元年12月8日に高原町で行われた第25回理学療法学会にて理学療法士の福元大地と前田一樹が口述発表を行いました。各発表者のコメントは以下の通りです。

79094386_574554360013593_1161069040387489792_o

少年野球選手の投球時における肘痛や圧痛所見の重要性

演者:福元大地

今回、「少年野球選手の投球時における肘痛や圧痛所見の重要性」について口述発表をさせていただき、宮崎県理学療法士会会長賞を受賞しました。私のキャリアの中で大変貴重な経験であり、今後も本研究を臨床で活かし患者様に技術として還元していく所存です。


当院における人口膝関節全置換術のQOL評価と患者満足度の検討

演者:前田一樹

今回、第25回宮崎県理学療法学会での演題発表の機会を頂き、とても貴重な経験が出来ました。患者様の訴えや治療の中での疑問を他職種も交えながら検討できる学会の場は、理学療法士として成長できる場であると感じました。この経験をもとに、病院でのより良いリハビリテーションを提供できるように頑張って行きたいです。

第46回日本肩関節学会にて発表口演

令和元年10月25日、26日の2日間、長野県(長野市)にて
「第46回日本肩関節学会」が開催され、当院より寺谷先生が参加し
発表口演をしました。
演題: 拘縮を伴う腱板損傷における鏡視下腱板修復術の術後成績

再生医療(PRP療法等)、開始のお知らせ

表記の通りサイドナビにもございます、再生医療(PRP療法等)を開始する事となりました。

開始は11月下旬を予定しております。

再生医療についての詳細は、当ホームページへのリンクより閲覧頂けます。[再生医療について]

Facebookをはじめました。

表記の通りFacebookをはじめました。

Facebookより閲覧可能です。

院長『寺谷 威』主要文献 更新のお知らせ

表記の通り、院長 寺谷 威の主要文献を更新いたしました。下記をご参照下さい。
院長『寺谷 威』主要文献 更新

患者さんの声を更新しました

表記の通り、患者さんの声を掲載しました。
詳細は、『田口 道義さん(手術時65歳)』より閲覧下さい。

医師紹介更新しました。

(さらに…)